ブライダルフェアで主張したこと・確認したこと

お金

 

費用を抑えて素敵な結婚式がしたい」という方に向けて、ブライダルフェアに参加する時に私たちが最初に主張したことや、全体を通して確認したことをまとめました。

ブライダルフェアを予約する前に!式場選出のポイント
こちらの記事で、複数の式場に見学に行ってから、本命の式場の見学に行くことをおすすめしました。

もちろん本命の式場であっても、見学してイメージと違ったことがあれば契約はしないこともあるかと思いますが、最初から契約する気で細かいところをみていきましょう

 

アンケートを書く際のポイント

式場見学の際、まず初めにアンケートを書くことがほとんどです。

・2人のプロフィールや馴れ初め
・どのような結婚式をイメージしているか
・式場決定にあたり何を重要視しているか
・他に見学に行った式場の名前

といったところでしょうか。

特に大切なのは「式場決定にあたり何を重要視しているか」という点かと思います。

・チャペル、披露宴会場の雰囲気
・料理のおいしさ
・立地、アクセス
・予算
・スタッフの対応

といった複数の選択肢からランクを付けて選択することが多いです。

私たちの場合、1位には迷わず「予算」を選びました。

次いで「スタッフの対応」です。

実際には、遠方のゲストが多かったので「立地、アクセス」も1位と言っても過言ではないほど重要なポイントのひとつでしたが、不変の事実である為アンケートには上位に記入しませんでした

そして、「1件目行った式場が気に入ったが、予算面で迷っている。こちらの見積もり次第では1件目に戻ります。」ということも伝えました。
戻る気はほとんどなかったですが。笑

金額や対応によっては、他の式場も視野にいれています」という強気の姿勢でいくのがいいと思います。

ポイント

本命式場であっても後々の交渉を視野に入れて、強気の姿勢で挑む!

 

予算面以外で見ておくべきこと

大切な結婚式に向けての打ち合わせを重ねていく中で、スタッフがどのような対応をしてくれるかも非常に大切なことです。

私たちの場合、初めて見学に行った式場で見積もりを出してもらった際、「この割引は本日契約限定であり、他の式場に見学に行って、やっぱりここがいいと戻ってきても割引は一切しません。」と言った旨の営業を受け、とても衝撃的だったことを覚えています。

式場見学を重ねていくとわかりますが、見積もりに「本日契約に限る」という条件がついていることは、珍しくありません。

もちろんそう言われると揺らぐ気持ちもありましたが、「今日!」「今すぐ決めて!!」という姿勢に圧を感じてしまい、個人的には好感が持てる営業ではありませんでした。

もしこのまま契約したとして、柔軟な対応をしてもらえないのではないかと不審に思ってしまった部分がありました。

この辺りは個人の感覚の問題だとは思いますが、無理な要望を通してほしいわけではなく、希望に少しでも近付けるように努力してくれる姿勢を感じたかったです。

実際、私たちが契約した式場では、見積もりについても柔軟な姿勢を見せて頂き、その後の打ち合わせでも親身になった対応をしてもらえました。

見学の際のプランナーさんと意気投合し契約したという話もよく聞きますが、担当は違う方になる場合や、転勤等で担当が途中で変わることも珍しくありませんので、スタッフ個人の対応で決めるというよりは、式場全体の方針や制限を確認しておくことが大切かと思います。

ポイント

スタッフの対応、式場の方針をしっかり見極めておく!

 

まとめ

私たちがブライダルフェアで気を付けたことは以下のことです。
「予算」を重要視していることをしっかり伝えた
・不変の事実を重要視していることをアピールしてもあまり意味はない。
(式場の雰囲気や、料理は自分の目や舌で判断すればいい

ただ安い式場を選べばいいということではありません。
契約後に後悔しないようにするには、スタッフの対応や式場の方針をしっかり確認しておくことも必要です。

契約前に確認しておくべきこと、交渉については次回の記事でお話したいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました