いとこ同士の結婚は法律的に可能?実態やメリット、デメリットを紹介

知識

 

いとこと結婚することはできるのか一度は疑問に思ったことがある人が多いのではないでしょうか。

いとこ婚に関する法制度、その実態やメリットデメリットなど、いとこ同士の結婚に関する疑問についてまとめました。

いとこ婚した有名人についても紹介していきます。

 

いとこ婚とは?

いとこ婚とは、いとこ同士で結婚することです。

いとこは、自分からみて親の兄弟姉妹の子供です。

いとこ婚は、ある人物の孫同士で結婚するということになります。

 

いとこ婚に関わる法律

民法734条は、「直系血族又は三親等内の傍系血族」との間の婚姻を禁止しています。

・直系血族…父母、祖父母、曾祖父母、高祖父母…や、子、孫、曾孫、玄孫…など自分と直系の関係にある人。
傍系血族…兄弟姉妹、おじ、おば、甥、姪、いとこ…などで、同じ祖先から分かれ出た人。
・一親等…「父母」「子」
・二親等…「祖父母」「孫」「兄弟姉妹」
・三親等…「曽祖父母」「ひ孫」「おじ・おば」「甥姪」
四親等…「高祖父母」「玄孫」「大おじ・大おば」「いとこ」「甥姪の子」

つまり、傍系血族であり、四親等であるいとこと結婚することは、法律で認められています。

 

いとこ同士の結婚のメリット、デメリット

なかなか聞きなれない上に、少し違和感を抱く人も多いいとこ婚ですが、メリットもあるようです。

特に大きいのは、親戚付き合いの負担が少ないことです。

元々両家が親族関係であるため、新たな関係性を築く必要がなく、通常の親戚付き合いよりも少ない負担でトラブルなく済むケースが多いようです。

義父母がおじやおばといった気心の知れた人であることで、嫁姑問題も起こりづらいと言えるでしょう。

遺産相続の際などに同じ親類同士であれば財産が分散しづらく、遺産争いに発展しづらい面もメリットの一つです。

逆にデメリットとしては、生活がうまくいかず万が一離婚してしまった場合でも、親族という関係には変わりなく、ぎくしゃくしてしまう可能性も高いことが挙げられます。

また、いとこ婚は法的に認められているとはいえ、めったにないことであり、偏見や差別を受けてしまうことも往々にあるようです。

 

いとこ婚のイメージや実態

いとこ婚は歴史上、世界的にみても多くの貴族や王族で行われてきました。

移動手段も少なく、狭い地域で同じような身分の中で結婚相手を探さないといけないという背景もあり、一般庶民の間でもいとこ婚が頻繁に行われていたようです。

しかし、現在はいとこ婚は身近とは言い難いのが現状です。

いとこ同士で結婚できることを知らない人もいるので違和感を抱く人も少なくありません

 

いとこ夫婦の子供は障害のリスクがあるか?

血縁関係が近い夫婦の間に子供ができた場合、遺伝子が類似していることから障害児の子どもが生まれる可能性が高くなります

日本で三親等以内の結婚が法律で認められていないのも、近親者同士が結婚した場合、障害児や奇形児が生まれる可能性が高いためです。

いとこ婚で生まれた子供の障害の可能性については、さまざまな意見やデータが存在しますが、血縁関係がない夫婦の間に生まれた子供と比べ、いとこ婚の夫婦の間に生まれた子供のほうが何らかの奇形や障害を持って生まれる可能性が倍あるというデータもあるようです。

 

いとこ同士で結婚した有名人

いとこ婚は非常に珍しいことなのであまりピンとこない方も多いかもしれませんが、意外と多いいとこ同士で結婚した有名人を紹介したいと思います。

現在の有名人でいとこ婚をした人物といえば菅直人元首相です。

菅氏は周囲の反対を押し切っていとこと結婚しました。

政治家でいうと他にも現在の総理大臣・安倍晋三氏の祖父、岸信介元首相、その兄の佐藤栄作元首相もいとこ婚です。

また、新一万円札に採用された渋沢栄一もいとこ同士で結婚しました。

相対性理論で有名な物理学者アルベルト・アインシュタインもいとこと結婚をしています。

 

まとめ

現在はあまり身近ではないいとこ婚ですが、法律上は認められており、メリットがあるのも事実です。

しかし、少数派であるがゆえに偏見やタブー視している人も少なくありません。

いとことの結婚を考えている人は、子供が生まれたときのリスクなど含め、ネガティブな面も考慮しながら、自分の考えをしっかり持ち慎重にすすめる必要がありそうです。

おすすめ書籍

コメント

タイトルとURLをコピーしました